So-net無料ブログ作成

落下の王国 [映画]

落下の王国(2006米)を観ました。

---
昔々のロスアンゼルス、まだ映画は白黒で音がなく、それを観ることすらまれだった頃。
ある病院で、落ちて怪我をしたふたり-自殺願望を抱えている役者と、オレンジ畑で働く少女-
が出会う。
怪我のため動くことができない役者は、自殺用の薬を手に入れるために、少女を利用しようと
考える。
そして、少女の気を引くために思いついたのが、6人の勇者の物語。愛と復讐の叙事詩。
病室の狭いベットの上で、世界にたったひとつの作り話が幕をあける。
---

fall3.jpg

生まれて初めて、同じ映画を2回映画館に観に行ってしまいました。
物語、映像、音楽、役者、どれも素晴らしかったです。

原題は、"The Fall"
落ちる、というと、試験に落ちるとか地獄に堕ちるとかネガティブな意味あいで使われるほうが
多いけど、この映画は、落ちてはじまる物語。
主人公は、木から落ちて腕を骨折した5歳の少女アレキサンドリア
(カティンカちゃん!前歯2本抜けてて小太りでニコニコ超かわいいー!)と、
映画のスタントに失敗して橋から落下し、足に大怪我を負った役者のロイ
(リー・ペイス!眉毛と二の腕の太さにフォーリンラブ!(笑))。

ロイの破滅的な欲望から紡ぎだされた思いつきの物語。
しかし想像力豊かなアレキサンドリアは、たちまちその世界に夢中になる。
繰り広げられるのは、めくるめく壮大な叙事詩。
そして、その物語が悲劇的な最後を迎えようとしたとき、アレキサンドリアが物語を救い、
同時にぼろぼろだった語り手ロイの魂をも救済する。
そう、ただの作り話が、人の魂を救い、再生させる。このくだりでもう私はやられちゃったわけです。

救われたのはロイだけではない。
アレキサンドリアは言う、「この怪我が治らなければいいのに、ずっとここでロイと一緒にいたい」
移民の彼女は入院前に父親を亡くしており、この先は残りの家族とともに果樹園労働者として
生きていかねばならぬ現実がある。
しかし、ロイの生み出した(やがてロイとアレキサンドリアでつむいでいった)物語によって、
アレキサンドリアは果樹園に戻ったあとも、その世界に新たな輝きを見出すことができる。
羽ばたけるアメリカーナ・エキゾチカ。

とにかく、画面が美しい。
4年以上かけて20ヶ国以上でロケをした、ナマの迫力がある。
CG全盛の昨今において、CGをほとんど使っていない。シンプルな画面である。
その自然の風景のなかで、石岡瑛子の衣装がくっきりと鮮やかに浮かび、目を楽しませる。
どの場面も一枚の絵に切り取ってしまえるほどきまっている。

これら映像の美しさについては各所でも賞賛されているが、音もまたいいのです。
ストリングスの多用も心地よいし、レントゲンマンと犬の咆哮の組み合わせも面白い。
そして、オープニングとラストに流れるベートーベン交響曲第7番第2楽章の旋律は、
耽溺への誘いに他ならず。

ラスト、白黒の映像には、映画へ身を捧げた名も無きスタントマンたちへの敬愛がこめられている。
またもやこみあげる涙。

ところどころ生々しかったり、残酷だったりする描写もあるけど、最後は温かい気持ちになれる
映画だと思います。
この監督はほんとにハートがある人なんだろうな。
前作のザ・セルでもそうだった。
劇中には心地よいものだけでなく、恐ろしさや醜さといったものも多く混在してるけど、
最後はこの上なく優美にしめくくる。

久しぶりに惚れてしまった映画でした。
しばらくこのまま、この熱にうなされていたいと思います。

nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 13

kiku

更新お疲れ様です♪

>落ちる、というと、試験に落ちるとか地獄に堕ちるとかネガティブな意味あいで使われるほうが多いけど、この映画は、落ちてはじまる物語。
というと・・・僕の人生は始まりがたくさんなわけです(笑)

それにしてもこちらは更新が一向に進みません・・・何かネタはありませんかねぇ・・・

ちなみに・・・コンピュータペンシルは昔から存在し、手に持つだけですべての問題を自動解答してくれるドラえもんの「ひみつ道具」ですよ。
by kiku (2008-10-24 19:15) 

たみ

kikuさん>

コメントありがとうございます。
映画に熱をあげているうちに、本当に熱を出してしまいました。
でもバカだからすぐ治りました。

ネタ、ですか。
うーん、私自身がんがん更新するタイプではないので・・・
でもまあ、見る人が見れば落ちている石ころも芸術だったりしますから、
案外ネタもよく見ればすぐ近くにあったりするかもしれませんね。
何かに気づいたり、何かがたまったりしたら、ゆっくりはきだしてください。

コンピュータペンシル!欲しい!



by たみ (2008-10-26 00:10) 

Victoria

こんばんは(*´ω`*)はじめまして
私もこの映画に惚れてしまいました!(人*´ω`*)
もう一回観にいきたいです。

by Victoria (2008-10-26 01:42) 

たみ

Victoriaさん>

はじめまして!コメントありがとうございます。
確かに、この美しい世界を再び味わいたくて、映画館に二度足を運んだ
私ですが、正直言うと、一回観ただけではわかりづらいとこもあって、
もう一回確認するため観にいった、というのも理由のひとつです。

例えば、エヴリン看護士の秘め事が、どうしてオウディアスとの密通に
つながるのか、とか、
果たして最後の白黒映像のなかに本当にロイがいたのか、とか。

2回観て、疑問が晴れた点も、晴れなかった点もありますが、
その説明の足りないところ、わかりづらいというところも、この監督の
狙いでもあるのですよね。
おかげであれこれ妄想しっぱなしです(笑)

稲垣さんの賛辞の効果か、各地で拡大ロードショーの動きもある
ようですよね。
あとはもしかしてアカデミー賞とかにからめば、一気にどーんと再上映、
なんて・・・
(製作年は2006年だけど全米公開は今年の春と聞いたので、ダメ?)

あっ、でもあんまりメジャーになるのも複雑。知る人ぞ知る映画であって
欲しい気も。でももっと広く認めて欲しい気も・・・
あああっっ←バカです
by たみ (2008-10-26 15:35) 

kiku

こんばんは♪

あれれ??毎度おなじみの"おかぽん"さんは来られてないんですか??珍しいですね・・・

この前ブログを更新したのでネット界での暇つぶしにどうぞ。って言うか僕のブログは過疎化しているので、こうやって人気のあるブログを回ってリンクを残していかないと訪問者0になる日も近いのです(泣)

しかしながらこちらでのリンクなどの甲斐があったのか、今では同級生や知り合い以外からも少ないながらにコメントを貰っています。

過疎化しているブログだからこそ、このリンクをクリックした人の心にストレートに想いが届くように書いているんです←と書くと思わずクリックしたくなりません??(笑)

でも、こうやってVictoriaさんみたいに、似た趣味の人が集まって語り合えるなんて良いブログだと思います。

僕も"たまにあれこれ"を目指して頑張りますのでこれからもお互いに頑張りましょう!!
by kiku (2008-10-28 19:48) 

たみ

kikuさん>

訪問者数、気になりますよね~。
特に、更新後の3日間ぐらいは頻繁にチェックしちゃう(笑)

どれだけの人が見てくれてるのかな、と、気にはなるんですが、
こうしてコメント欄をオープンにしているということは、悪意のある
コメントが舞い込むかもしれないという危険もあるわけで・・・
だから、当初コメント欄は無しにしておこうかなとも思ったんですが、
やっぱりこうして同じ趣味の方から温かいコメントもらうとうれしい
ですし、記事の内容に関するものでなくても、知り合いの方から
一言あると、それもまたうれしいですよね☆

kikuさんも固定のお客さんがついてますますやる気がでますね!
「ストレートに想いが届くように」って、美しい志だわ~。
こんなへタレな私のブログなんぞは踏み台にもなりません。
kikuさんはさらなる高みを目指してください!
by たみ (2008-10-30 22:12) 

kiku

お世話になってます!!

こちらでのコメントが効いたのか、閲覧数が初めて200を超えました!!普通のブログではこの程度当たり前なのかもしれないですが、中1が書いているようなブログにこんなにたくさんの人が来てくれているとは感激です!!

それと、この間gooのサービスである「あしあと」というシステムでアクセス解析をしているのですが、「たまにあれこれ」へのブックマークリンクが三日間で1回クリックされていました!!知っている方がいたんですかね?それともなんか興味をひかれたのか・・・とにかくいいことです!(^^)!それに対し、同級生のブログへのリンクはノークリックだったので、友達がブツブツ言ってました(笑)暇なときにでもクリックしてやってください(笑)

それと・・・よければ今度そちらからこちらにトラックバックを送ってもらえませんか??今、トラックバック募集中なのです。

それと・・・同級生のブログにもこの前までこのブログにトラックバックを送り続けていた無礼な輩からトラックバックが来ていました。即刻削除です。

これからもお互い頑張りましょう!(^^)!
by kiku (2008-11-02 13:10) 

おかぽん

まいどー!

; ̄ロ ̄)!! 
何と、既に出遅れ・・・・・・・・恐るべしww

ついに、人気ブログへの道を歩みだしたかぁ~!! (´▽`) ホッ

おたみさん、文才あるんだからもっと、書けばいいのにねぇ~ >ね! 皆の衆

CG・・・・・生業にして来たので悪く言うつもりはありませんけど
ホント最近は増えすぎですよねぇ~。

ちびっと、飲んだくれ症候群に罹患しているので・・・・・・
映画見てみようw

by おかぽん (2008-11-02 20:22) 

kiku

今日だけで二度も出没しているkikuだす!

おかぽんさんの波に乗り・・・(笑)

「おたみさん、文才あるんだからもっと、書けばいいのにねぇ~ >ね! 皆の衆」とおかぽんさんがおっしゃっていますが僕もまったく同感です!!

これからもがんばってください!!


by kiku (2008-11-02 23:04) 

たみ

kikuさん>

コメント&温かいお言葉ありがとうございます!
さっそくトラックバックさせてもらいました。
kikuさんの記事のタイトルでもある「光と影」って、ちょうど白夜行の
主人公二人を象徴的に表すモチーフのひとつでもあるんですよね。
なので、前の白夜行の記事にトラバさせていただきましたm(__)m
(kikuさんみたいに美しい文じゃなくて申し訳ナス、と思いつつ(^^;))

kikuさんはまだブログ開設して2ヵ月ぐらいですよね?
まだまだこれからじゃないっすか!
私なんか気づけば3年以上もやってるのにこのていたらくですよ。

でも実は、観た映画、読んだ本、全て記事にしようと頑張ってた頃も
あったんです・・・が、即座に挫折しました。
なぜなら私は文章をつくるのにものすごく時間がかかるのです。
あわれ非才の身(TvT)

いまでも映画・本・漫画等はぼちぼちチェックし続けてますが、
そのなかでも強烈に印象に残ったものや、どーしても言っておきたいもの
だけ記事にしようと割り切ってます。
じゃないと、映画や本を摂取する時間そのものが無くなってしまうから(笑)

と、言い訳が長くなってすみません。
これからもゆる~く続けていきますんで、なまぬるく見守っていただけれ
ば幸いですm(__)m

あっ、でもkikuさんはね、がつがつ頑張らなきゃダメよ!
若いんだから!(笑)

おかぽんさん>

毎度ありがとうございます!
温かいはげましのお言葉、染み入ります~。

CGという技術は凄いですよ!
CGを否定はしないけど、やっぱり使いようだと思うんですよね。(えらそう)

飲んだくれ症候群は危険ですね。
どうかくれぐれもご注意ください。
って、これから年末年始が近づくとさらにヤバいじゃないですか。心配。

そうそう、週末、K地さんやゆきねえ等々と山中湖の近くで
BBQ&キャンプしてきました。もう楽しかったのなんのって。
つくづく、私っていい会社で働いてたんだな~と実感したです。
by たみ (2008-11-04 00:17) 

おかぽん

まいどー!

o(*^▽^*)oあはっ♪ 色々と育てないといけないから大変だw
今年の冬は、水菜をどうぞ植えてみてね♪

確かにCGも時と場合によるよね・・・・・・ロケ不可能な状況を描く
とか危険なスタントを避けるとかね。ま、その進歩に驚くばかりですがw

飲んだくれても、体重は入社時に近くなりつつありますよw
最近は飲まない方が不健康かもねぇ~ _(^^;)ゞ

で、私らも諏訪湖でワカサギを釣り、ロッジで宴会しておりましたw
M宅氏等々、旧K○Iのメンバーが集まっておりましたよ~ん。
by おかぽん (2008-11-05 00:28) 

たみ

おかぽんさん

きゃーっ、けっこう近いとこにいたんですね。
それにしても、ワカサギ!好きですね~(笑)

そういえば、K地さんが「最近M宅さんから競馬情報が来ないなぁ」と
寂しがって(?)ました。

ミズナって、失敗も少なく大量に生えてくれるんだけど、けっこう
消費しずらい野菜なんですよね。
だもんで、今年の冬野菜は何植えようかな~とぐずぐずしてたら、
先週、農園主によって春菊を大量に植えられてしまいました。
春菊・・・ミズナよりやっかいな気がします(T_T)

飲んで健康、それって最高かも♪

by たみ (2008-11-05 16:58) 

おかぽん

まいどー!

そうそうw 近いですねぇ~w 来年はいっしょにワカサギいかが??
料理長のワタクシが腕を振るってますんでww

M宅ちゃんなぁ~、今回もちょっとお疲れ気味でしたねぇ・・・
仕事が忙しいんでしょうね。

ミズナは、おひたしにしても、炒め物、サラダ、鍋、漬物とか色々と
使えますぉ~w まあ・・・・もともと、関西の野菜なんで_(^^;)ゞ

春菊かぁ~w ま、ちと癖がありますなwww
by おかぽん (2008-11-08 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。