So-net無料ブログ作成
検索選択

三国志 [漫画]

横山光輝「三国志」を読みました。 

sanngoku.jpeg

---
中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180年頃 - 280年頃)の興亡史。
この作品は「三国志演義」(史書をベースにして後世創作された通俗小説)を基にしている。
---

たしか高校生のとき、三国志演義が面白いと聞き、その本を手に取ったことがあります。
誰の訳かは覚えてないけど、分厚いハードカバーで上下巻の二冊にまとめられていました。
それなりに覚悟して挑んでみたんですが・・・漢字の多さ、文書の硬さ、登場人物の多さに
打ちのめされ、早々に挫折。
最初の「桃園の誓い」の章だけ読んで手放してしまったという恥ずかしい記憶があります。
でもこの歳になって、やっぱり内容ぐらいは知っておきたいな、という気持ちがわいてきまして。
そしたらこの漫画を読んでる人に出会い、あ、もしかして漫画ならつらつらっと読めるかな、
と思いつき。
(マンガで分かる○○、みたいなノリですね(^^;))
で、全60巻、図書館で借りて三ヶ月で読了しました。

この作品が書き始められたのは三十年以上前、漫画としては少し読みにくいかなと思ってたけど、
そんなでもないです。
登場人物が多く、顔の見分けもつきにくいけど、それは鎧や甲冑の違いで判断する。
あとヒゲの形も重要(笑)
ごつごつの鎧武者達がズバッ、バシッとやりあって、血が飛ぶ、首が飛ぶ。荒々しい描写満載です。

そんな力と力のぶつかりあう場面もなかなかにして見ごたえがあります。
でも、この物語の真骨頂は頭脳戦にあるのです。
頭脳戦というとかっこよく聞こえますが、要するにいかに相手をだますかですよ。
奇襲とか密告とか寝返りとか、偽装とか虚言とか暗殺とかのオンパレード。
しかもそういう手段を使っても、あまり悪びれたところがない。
「汚い手」を使っても、勝てばいいわけです。

「三国志演義」に基づいているので、蜀の劉備元徳は正義の人、魏の曹操孟徳は悪辣な野心家、
というスタンスが徹底されてます。
しかし、それにしても、いかにも曹操が小悪党だなぁ。
普段は偉そうなのに、窮地におちいると「ひーっ」とか叫んで血相変えて逃げまくる。
後半、諸葛孔明のライバルという位置づけになる司馬仲達も、魏側の人間にしてはかっこよく
描かれてるじゃん、と思いきや、戦闘シーンでは「ひーっ」&逃走、だし。
以前、モーニングで連載されてた蒼天航路という漫画でかっこいい曹操の姿を見たことがある
だけに、蜀が善で魏が悪という決めつけ(それが一般的な見方なんだろうけど)をした描かれ方に
違和感を感じてしまうのでした。
劉備も蒼天~のほうが面白みのある人物像だったな。
三国志の劉備は「私は公明正大な人間です!」って看板を首からぶらさげてる感じで
ちょっといれこめない。
そもそものことを言っちゃうと、戦争の理由(劉備や孔明のこだわり)が漢王朝の復興である、
というのも、いまひとつぴんと来ないというのが正直なところ。
王朝の正統なんてさ・・・そんなのすぐひっくりかえるのに。
その争いのために何十万もの人間がばたばた死ぬわけですよ。
孔明が南蛮行のときに言っていた、蛮族に徳の政治を広めようとしているのだっていうところは
少し応援できたかな。

劉備・関羽・張飛の三人組が亡くなったあと、孔明と仲達の戦いが展開される。
実は、物語としては孔明・仲達の対決に絞られた後半のほうが読みやすくて面白かった。
漫画では蜀の滅亡までしか描かれてないけど、実は姜維がそのあともいろいろ活躍する
みたいですね。
えっ司馬仲達の孫が魏を倒して晋を立国するの?へぇぇ~。

人間ドラマとしては物足りない部分もあるけど、これだけ長大な物語を、しかも外国の遠い昔の話を
漫画にしたというのは凄いことです。
いや、だって、漫画ってちゃんと絵にしなきゃいけないから。
小説だと「峠」とか「甲冑」で済むけど、それを実際絵にして描かなきゃいけないとなるとちゃんとした
下調べが必要でしょうし。
作者も、この漫画が連載開始された1971年当時は日中の国交が回復してなかった時期だから、
資料集めも苦労したとあとがきで言ってました。

故事成語の勉強にもなりました。
なんとなく意味を知ってるだけのものも、その言葉の背景をストーリー上でなぞることが出来て
よかったです。
三顧の礼、水魚の交わり、泣いて馬謖を斬る。あと、死せる孔明生ける仲達を走らす、なんてのも。
苦肉の策っていう言葉も三国志の影響なんですね。

ひとまずこれで、三国志のエッセンスはかじれた気がして、満足です。
この作品は完成まで15年もかかったんですって。
ほんと、漫画にしてくれてありがとう横山先生!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

おかぽん

まいどー!

w(゜o゜)w オオー! 久し振りのTOPカキコだわww
三国志かぁ~、登場人物が多いよねぇ~、しかも難しい漢字だしなぁ~

ま、カタカナでないだけまだましか・・・・<人物の名前

これで、次は・・・・・・・ムフフ♪
「 レッド・クリフ 」じゃなぁ~ おたみw
by おかぽん (2008-12-02 23:38) 

たみ

おかぽんさん

コメントありがとうございます~。

漢字だらけの名前もつらいけど、長ったらしいカタカナの名前も
やっかいですよね。
アンジェリーナ・ジョリーとジェニファー・ロペスをいつも間違えて
しまう私・・・

レッド・クリフ、ちょっと観たかったんですけど、タイミングを逸して
しまいました。
DVD待ちの作品がまたひとつ増えました(^^;)
by たみ (2008-12-05 06:55) 

おかぽん

まいどー!

世界史を選択しなかったのは、同じ名前でI、II、IIIってなるじゃんw
覚えられんし、わからんもんなぁ~

最近、映画はみとらんなぁ~w
by おかぽん (2008-12-06 22:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。